いい肉のまち小林プロジェクト 第2弾
宮崎牛1頭争奪! いい肉グランプリ

特別審査員に寺門ジモン氏らが就任!

「宮崎牛1頭争奪!いい肉グランプリ」の特別審査員として、以下の方々が決定しました!

特別審査員 寺門ジモン


1962年生まれ。肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵によるお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」のメンバー。1987年、第5回日本放送演芸大賞・ホープ賞を受賞し、1993年には「聞いてないよォ」で流行語大賞大衆部門 銀賞を獲得するなど、3人の息の合った芸風で一世を風靡する。バラエティ番組などで活躍する一方、グルメ好きが高じ、フジテレビ系「寺門ジモンの取材拒否の店」「寺門ジモンの肉専門チャンネル」など、自身の名前のついた冠グルメ番組にも多数出演。「食品衛生管理者」の資格も所持している。
また『ジモンの肉本』『ジモンの鍋本』『ジモンのステーキ本』など食に関する多数の書籍や、『ネイチャージモン(全9巻)』『寺門ジモンの厳選 神の焼肉』などのコミックも出版している。
その他、一流百貨店などでの催事/食イベントも多数プロデュースしており、芸能界屈指の食通として知られている。中でも、焼肉に強いこだわりを持ち、「家畜商」の免許も取得。2012年からは松阪市ブランド大使としても活動中。2020年11月20日公開の映画「フード・ラック!食運」で初監督を務める。

「フード・ラック!食運」(2020年11月20日公開)
https://movies.shochiku.co.jp/foodluck/
原作・監督:寺門ジモン 原作協力:高橋れい子 脚本:本山久美子 音楽:Amar
出演:EXILE NAOTO 土屋太鳳
石黒賢 松尾諭 寺脇康文 白竜 東ちづる 矢柴俊博 筧美和子 大泉洋(特別出演) 大和田伸也 竜雷太 りょう
主題歌:ケツメイシ「ヨクワラエ」(avex trax)
製作・配給:松竹株式会社
制作プロダクション:株式会社ギークサイト
(C)2020松竹

寺門ジモンさんからのコメント

特別審査員 田辺晋太郎


音楽家、MC、ラジオパーソナリティが本業ながら、実践に基づく深い見識で肉の生産背景からベストな食べ方まで流暢に話すホスピタリティあふれる語り口から「肉マイスター」と呼ばれる。TBS 系列「マツコの知らない世界」「櫻井・有吉THE 夜会」「林先生の初耳学」をはじめテレビ・ラジオの出演にとどまらず飲食店コンサルや店舗プロデュース、製品開発、専門書や雑誌の監修を務め、著書「焼肉の教科書」(宝島社)はシリーズ累計35万部を超える。2014年10月、一般社団法人「食のコンシェルジュ協会」を立ち上げ、初代代表理事に就任し焼肉コンシェルジュ検定を実施。小林市に足を運ぶなど、畜産が盛んな現地の魅力や実情にも通じている。

田辺晋太郎さんからのコメント

いい肉が好き過ぎて肉マイスターになった私、田辺晋太郎でございます。この度は「いい肉グランプリ」特別審査員という大役を仰せつかり恐悦至極に存じます。いい肉は人を笑顔にします。それは科学的にもアナンダマイドというアラキドン酸の一種が至福物質として多幸感をもたらすというエビデンスもありますが、何よりも皆さんの笑顔が証拠です!一口頬張った瞬間から問答無用に心を掴み、歓喜し、人を繋ぐ和牛のチカラを僕は信じています。その瞬間を写真に切り取ったり、川柳に詠ったり、思い思いに表現して頂いて、新型コロナウイルスという未曾有の悪夢により曇った表情ばかりの世の中にその笑顔を伝染させて世界中を幸せにしてください。

特別審査員 原田英男


東京都出身。元農林水産省畜産部長。現在は、一般財団法人畜産環境整備機構の副理事長を務めている。24歳から3年間、宮崎県小林市細野の家畜改良センター宮崎牧場で勤務した縁で現在は、「宮崎こばやし熱中小学校」の校長としても活躍中。

原田英男さんからのコメント

「いい肉のまち小林」、相変わらず面白いことやってますね!全国にひしめく牛肉名産地をさておいて、勝手に「いい肉グランプリ」開催ですか!もっとも、「宮崎牛」のためでなく、新型コロナの影響で苦しんでいる全国の生産者や料理店など普段お世話になっている皆さん、家に籠もって美味しい牛肉を食べに行けない消費者の皆さんへ、牛の里・小林市が贈る「エール」ですよね。素晴らしい!
 各部門をみても、牛肉料理を囲んで微笑む家族や友人の姿が目に浮かびます。このグランプリに応募してくれる皆さん、ひとりひとりの優しい気持ちが大きくひとつになれば、それだけで大成功!今年の1129の日はいつもと違うぞ!

趣旨

 宮崎県小林市は、2020年8月29日(焼肉の日)から2020年11月29日(いい肉の日)にかけて「宮崎牛1頭争奪!いい肉グランプリ」を開催します。
 消費の落ち込みや取引価格の低迷など、新型コロナウイルス感染拡大が小林市の宮崎牛生産にも暗い影を落としています。インバウンド消費や輸出が甚大な影響を受けている今だからこそ、日本のすばらしい食材にもう一度目を向けていただき、応援していただきたい。その思いから「いい肉のまち小林プロジェクト」の一環として当グランプリを開催します。
今年は、宮崎県内の29万頭を超える家畜が犠牲となった口蹄疫から10年となる節目の年でもあります。未曾有の事態から復興を遂げ、全国和牛能力共進会・三大会連続日本一を達成した宮崎牛。奇跡の復活を果たした宮崎牛を全国の人たちにもっと知ってもらいたい。そして、生産者の確かな技術と情熱が生み出す小林市産宮崎牛の芳醇な香りや幾重にも織りなす濃厚な旨味を多くの方に味わってもらいたい。今回、人々に元気や勇気、そして希望を与えてくれるような「いい肉」にまつわる写真や川柳などの“ネタ”を広く募り、苦境に立たされている小林市の基幹産業・畜産業を盛り上げます。全国のお肉を愛する皆さんからの多数の応募を心待ちにしています。

主催

小林市

共催

小林市農畜産物消費拡大推進協議会

応募部門とテーマ

共通テーマを「コロナに負けない!おいしいお肉を応援しよう!!」として以下の部門を設定します。

フォトコンテスト部門
部門テーマ:おいしいお肉は笑顔のもと

 「お肉と笑顔」、「お肉で笑顔」、「お肉が笑顔」など、見る人も笑顔になれる画像を募集します。
 応募作品は、応募者本人が撮影したもので、未発表のカラー単写真(画像を加工している場合は加工内容を申し添えること)にて応募ください。撮影された期間や画像サイズは問いません。また、作品に第三者が写っている場合など、応募者の責任において承諾を得てください。
○例
・お肉を囲んでの特別な日の写真
・思わず笑顔になる旨そうなお肉画像 など

川柳部門
部門テーマ:おいしいお肉で5・7・5

 楽しい思い出や笑い話、“それ、ウマイ(オイシイ)!”なダジャレなど、お肉にまつわる明るい川柳を募集します。「風土の産物」とも言われる和牛の世界。大好きなブランド和牛の“自慢ネタ”もお待ちしています。
○作例
・コロナ禍に いい肉食べて 元気出す
・人間に 大事なものは 衣・食・牛
・宮崎牛 旨さ際立つ オレイン酸

奇跡の1129(いい肉)部門
部門テーマ:私、奇跡の1129(いい肉)持ってます

11月29日の「いい肉の日」にちなみ、皆さんが持っている1129自慢を募集します。事実を証明できるものを添えて応募ください。
○例
・私、11月29日生まれで、11-29ナンバーの車両もってます(運転免許証や自動車登録証明書の写しを添付)

第3のゆるキャラ部門
部門テーマ:こすモ~、おすモ~に続け!第3のゆるキャラ誕生!

 2012年10月29日。宮崎牛が全国和牛能力共進会で日本一になった日に生まれた小林市観光イメージキャラクター“こすモ~”。広報こばやし掲載4コママンガ「こすモ~にっき」で活躍する“こすモ~”の相方“おすモ~”。2人に続く第3のキャラクターを募集します。
応募者本人が作成したもので、未発表のオリジナルキャラクター。正面を向き全身がわかるもので、単体作品とします。キャラクターの名称は“○○モ~”を基本とします(キャラ設定によってはそれ以外でも可)。なお、作品のデザイン、色彩、愛称、プロフィール等は変更・修正することがあります。
・小林市観光イメージキャラクター こすモ~
http://kankou-kobayashi.jp/publics/index/322/
・こすモ~の相方 おすモ~(広報こばやしに掲載中)
http://cms.city.kobayashi.lg.jp/tempimg/131213121252202007311602429f.pdf

フリー部門

 共通テーマ「コロナに負けない!おいしいお肉を応援しよう!!」に沿った、コロナ禍において頑張っている畜産家の方々や皆さんが元気になれるネタなら何でも大歓迎です。動画や工作物など、自由な発想で挑戦ください。

応募方法

小林市役所地方創生課へメールか郵送で応募ください。

  • メール
    小林市役所 地方創生課 k_cityfuru@city.kobayashi.lg.jp
  • 郵送
    小林市役所 地方創生課 〒886-8501 宮崎県小林市細野300番地

※受賞者の公表は雅号やペンネーム等のみとし、本名のみ記載の方は「匿名」として公表します。本名の公表を希望する方は、その旨お申し出ください。
※この応募内容をよく読んでからご応募ください。応募者は、この応募内容及び募集要項に記載の諸条件に同意のうえ応募したものとみなします。

各賞、賞品など

・最優秀賞(1点)…牛肉の最高級部位シャトーブリアン(600グラム程度)
 この他、ヒレ賞(6本)、リブロース賞(20本)、サーロイン賞(20本)など宮崎牛1頭分総額150万円相当を用意

募集期間

2020年8月29日(土曜):焼肉の日から2020年11月6日(金曜):土用の丑の日まで
※郵送は、令和2年11月6日の消印まで有効

審査及び審査員

 一次審査を事務局で実施し、二次審査を審査員の採点による得点集計方式で行います。
 宮原義久小林市長を審査員長に、小林市と縁の深い畜産関係者など、お肉に精通する審査員が審査にあたります(審査員詳細は後日公表します)。

結果発表

2020年11月29日(日曜):いい肉の日

募集要項

詳しくは募集要項を確認ください(PDF)

お問い合わせ

いい肉グランプリ事務局(小林市役所地方創生課)
事務局 小林市役所 地方創生課
電話 0984-23-1148